公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

「日刊」メルマガ【高橋"志"通信】のご登録はこちらまで
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=cpatm
(より本音ベースの内容はメルマガでのみ語らせて頂いております。)


■本日、お声がけ頂いた、


 とあるベンチャー企業の経営陣の方から
 (私にとって)嬉しいお言葉を頂戴しました。

 詳細は伏せますが、

 「経験の多寡ではなく、
  誠実性で判断している」

 とのお言葉。


■私自身は誠実でありたいと思っていますし、
 そのように接するように心掛けてはいますが、

 もともとが、

 できた人間、なんてことは全くありませんので、

 「誠実」ということに関して、

 意識的有能と無能の世界をいったりきたりしています。

 それでも、

 誠実という言葉を意識にのせて、
 日々過ごしていれば、多少なりとも

 自分が成りたい姿(⇒誠実な人間)に近付ける

 と考えています。


■実は、

 私自身も困っていることに関して
 どなたかに相談させて頂く際には、

 経験の多寡よりも、
 誠実性や本気度で判断させて頂くようにしています。

 この点に関しては、
 人それぞれご意見や程度の差はあろうかとは思いますが、

 「誠実性や本気度」

 が顧客の購買判断に占める割合は思っている以上に大きい

 というのが、私の感覚です。


■自分が商品を購入する側や
 サービスを受ける側に立てば分かります。

 特に無形のサービスを、
 提供するようなビジネスの場合には、

 成果が見えにくい分、
 (その分、波及効果も大きいのですが・・・)

 誠実性や本気度、
 といったところが拠り所になってくる

 そんな風にも思います。


■というわけで、

 私自身、誠実、かつ、ど真剣に
 目の前のことに取り組むように決意を新たにしました。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■購買判断において大切な要素が、
 相手側の誠実性や本気度である。

■購入サイドの立場を経験すれば分かるが、
 思っている以上にこれらの要素は大きいもの。

■誠実、かつ、ど真剣に取り組んでいきたい。


■本日は、

 昨年上場された鳥貴族の大倉社長

 と

 昨今、話題急上昇中の
 株式会社鯖やの右田社長

 の創業から現在に至るまでのお話を拝聴し、
 学びが非常に多くありました。


■最も印象に残ったのは、

 いずれも、

 平坦な道のりではなく、
 何度かの倒産の危機を乗り越えて、

 ここまで来られたという事実。


■当時の売上や通帳残高など
 お金の部分まで開示されておられ、

 リアリティたっぷりなお話でした。

 特に、

 経営危機の乗り越え方や信念といったところは
 多いに参考にしたいものです。


■例えば、

 鳥貴族の大倉社長は、

 いつも枕元に「村さ来」の創業者の本を置き、
 売上が悪かった日にはこれを読んで、

 萎える心を奮い立たせていたそうです。

 それから、

 自室の天井に「目標 外食産業 日本一」と貼り、
 俺は絶対に成功する!と念じていたと言います。


■その他、

 ▼社員の幸福を考え、世襲はしない
 ▼魂を乗せられる業態か
 ▼単一業態か(特化しているか)
 ▼自分を信じ続ける
 ▼根拠なき自信を持つ
 ▼創業時から志を高く持ち続けた
 ▼資金繰りのために車売却、生命保険解約
 ▼リスケを断固しない理由

 など、

 刺さる言葉がいくつかありました。


■おそらく一対多でのお話ですから、

 言えない事も多く、
 もっとたくさんの苦労をなされたことは容易に想像できます。

 多くの失敗を重ね、
 最後まであきらめずにやり続けた結果、奇跡が起きた

 そんな話もありました。


■事業をやる、やらない、に関係なく

 危機というものは(程度の差こそあれ)
 誰にでも訪れるものです。

 その際、

 最も大切になってくるのは、

 「自分を信じる力」

 この辺りがやはり肝ですね。

 改めて
 大事な事に気付かせてくれました。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■成功されている方に共通しているのは、
 いくどかの経営危機を乗り越えているということ。

■乗り越え方は人ぞれぞれかも知れないが、
 少なくとも必要なのは「自分を信じる力」。

■這い上がるか、落ちるかは紙一重であり、
 これを決めるのは、その想いの強さではないか。
 

■本日でメルマガも250号まで来ました。

 昨年の9月からほぼ日刊で配信してきたわけですが、

 このメルマガを書くという行為が、

 モチベーションの維持に相当な効果を発揮している

 そんな風に思います。


■仕事が詰まっている時、
 家族旅行の時、
 それから、飲んで帰ってきた時、

 はたまた、
 年末年始、祝日、土日であっても関係なく、

 配信し続けていると、

 モチベーションを完全には切らすことなく、
 一定の巡航速度を保てている。

 そのように感じるわけです。


■人間ですから、
 調子の良い時、悪い時は必ずあります。

 調子の良い時は
 ほっておいても勝手に進んでいきますが、

 調子の悪い時に
 どれだけの巡航速度が保てるか。

 長い目で見ると、
 これが、じわりじわりと効いてくるように思います。


■例えば、

 長距離を走る(マラソンする)ようなケースを
 思い出してみましょう。

 体力的に限界まで来ており、
 今のペースをこれ以上、保てないとします。

 ここで、とりうる選択肢は2つ。

 腰を掛けて本格的に休憩するか、

 あるいは、

 ペースを落としても良いから走り続けるか


■皆さんも経験されたことがあると思いますが、
 一度でも本格的に休憩してしまうと、

 次に走り始める際に相当なエネルギーが必要となります。

 要するに、

 ペースを落としてでも良いから走り続ける方が、

 ゴールに到達するまでに
 消費するエネルギーの総量は小さく、

 そのうえ
 トータルで考えても早くゴールできるのではないか。

 そのように思うわけです。


■だからこそ、

 しんどい時(調子が悪い時に)に
 どれだけ巡航速度が保てるか、について、

 私自身、凄く気を遣っていますし、

 様々な仕組みや衆人環境を利用して
 ガチガチに包囲網を固めるようにしています。

 でなければ、
 休憩したい気持ちに負けてしまいます。

 凡人代表の私は少なくともそうです。

 モチベーションを完全に切らすことなく
 巡航速度を保てるよう、

 このメルマガも
 桁が変わるまで続けて参りたいと思います。


(まとめ)
■調子の悪い時にどれだけの巡航速度が保てるか
 これを意識しているのと、していないのとでは、
 長期スパンで見た場合の結果が大きく変わってくる。

■今のペースを保てなくなった場合には、
 本格的に休憩するのではなくペースを落とすのが肝要。

■なぜなら、次に走り始める際の、
 エネルギーは相当な量が必要になるためである。

■だからこそ、
 巡航速度を保つための仕組みや環境が重要であり、
 これを意図的に用意していかなければならない。

↑このページのトップヘ