公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

「日刊」メルマガ【高橋"志"通信】のご登録はこちらまで
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=cpatm
(より本音ベースの内容はメルマガでのみ語らせて頂いております。)


■一般的に、

 「言葉」というものは、
 人とのコミュニケーションツールである

 と考えられがちですが、

 決してそれだけではありません。


■むしろ、

 私にとっての言葉とは、
 人とのコミュニケーションツールというよりも、

 「自分とのコミュニケーションツール」

 としての役割の方が大きいと考えています。


■言葉が水先案内人の如く、
 自分自身をその方向に導き、

 そのうちに、
 発している言葉に自分が追いついてくる

 そのように考えるのが良さそうです。


■例えば、

 「最近どうですか?」

 と聞かれて、

 「ぼちぼちですわ~」

 と答えていたら、

 本当に「ぼちぼち」なところで止まる
 というのですから面白いものです。

 逆に、

 「絶好調です!!」

 と答え(続け)ている人は、
 自他ともに認める絶好調な状態に入っていきます。


■改めて、

 言葉の重要性について気付かせてくれたのが、
 本日の大きな学びの一つですが、

 ちなみに、

 ポジティブな言葉を
 自分の中で回し続けることには

 それなりの仕組みが必要。


■私であれば、

 このメールマガジンが
 言葉を回し続けるための仕組みの一つ。

 皆様とのコミュニケーションツールであると同時に
 自分とのコミュニケーションツールにもなっているわけです。


■最近、

 自分の中で回し続けている言葉が、

 「誰よりも早く挑戦し、
  失敗し、そして復活する」

 というもの。

 以前も少しご紹介しましたが、
 株式会社Gumiの行動指針です。

 このような
 自分の腹に落ちた言葉をどれだけ持てるか、

 それだけで未来が変わることは間違いありません。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■言葉は、
 自分とのコミュニケーションツールである
 という認識を持っているだろうか。

■言葉を水先案内人とし、
 発する言葉に自分を追随させることが
 自分を躾ける有効な方法である。

■そのためにも、
 言葉を回し続ける仕組みが必要。
 出来れば第三者に晒される環境は
 緊張感もあってなお良し。
 

■普段、

 私たちが常識と考えている
 ことは常識ではない

 ここにビジネスにおける
 一つのヒントが潜んでいるように思います。


■例えば、

 品質とコストの関係。

 通常、

 品質を上げるためにはコストがかかる

 言い換えれば、

 品質とコストは比例関係にある

 というのが世間一般的な考え方と言ってよいでしょう。

 確かにそのようなことを
 私自身、幾度となく体験してきましたし、

 油断すると、

 「無意識に」そのように考えている節もあります。


■しかし、

 これは一種のパラダイムと考えた方が良さそうです。

 京セラの稲盛さんが
 JAL再建の中で貫いていた考え方があります。

 それが、

 「安全とコスト削減は
  トレードオフではない」

 というもの。

 先日、この話を知ったのですが、
 すごく感じるものがありました。


■私たちは、多くの事象に対して、

 「無意識にトレードオフ思考」

 で考えてしまっていることが多いように思います。

 Aを得るためにはBを犠牲にしないといけない

 という考え方は
 そこら中にころがっています。

 これは、

 一種の思考停止の状態と言っても良いかも知れません。

 AとBの両方を得る、
 そのためにはどうすれば良いか

 これを出発点として考えていくことが大事。


■どんな思考を出発点としているかで
 結果は大きく変わってきます。

 ほんのちょっとの(思考の)違いが
 とてつもなく大きな違いを生むことになります。

 こんなことを改めて考えていました。

 参考になりましたら。


(まとめ)
■品質を高めるためにはコストがかかる
 というのが世間一般の常識であるが、
 稲盛さんがJAL再建時に貫いていた考え方は
 品質とコスト削減はトレードオフにはないというもの。

■油断すると、
 無意識にトレードオフ思考で考えてしまう節があるが、
 これは一種の思考停止を招くものと考えた方が良い。

■どのような思考を出発点としているかで
 結果は大きく変わる、これを肝に銘じておきたい。


■複数の人が集まる場で
 物事を進めるような場合、

 重要となるのが、

 共通言語の存在、です。

 共通言語があれば、
 コミュニケーションが円滑に進みます。


■私自身
 いくつかの場に所属していますが、

 共通言語を持っていると
 物事の決まるスピードが早い

 そのように感じています。

 また、

 何かイベントを開催する時でも
 パートナーシップを組んで仕事する時でも

 共通言語を持っていれば、
 場の力が大きくなりやすいと感じています。


■例えば、

 短期視点より長期視点
 アプリよりOS
 ノウハウよりマインド
 考えるより行動
 シンプル最強(複雑にするな)
 やり方よりあり方
 自利利他
 Me目線、You目線
 ワクワクすることか
 楽しむ
 目の前のことに集中する
 信頼関係が大切
 相手に配慮する
 慮る気持ち

 などなど。


■しかし、

 共通言語を持つとは、
 その言語の背景まで含めて価値観を共有している

 ということであり、

 そこまで行かないとなかなか効果を発揮しませんが、
 価値観まで共有するのは簡単ではありません。

 時間もかかるし、

 人生観に関わることであれば、
 いくら時間を掛けても共有できないということもあります。


■そうなると、

 時間が掛からず
 人生観にも関わらないような

 シンプルな共通言語はあれば・・・

 ということになりますが、

 一つ考えられるのは「数字」でしょう。

 数字が社内の共有言語になっている
 企業で業績の悪い企業を見たことがないように思いますし、

 数字は世界中どこでも通じる
 唯一無二の共通言語でもあります。


■理念や価値観の共有は
 物凄く大事なことではありますが、

 まずは

 数字、を共通言語として持っておく

 ということも意識されてはいかがでしょうか。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■組織など多くの人が集まる場所では
 共通言語を持つことは必須と言ってよいであろう。

■共通言語を持っていると
 コミュニケーションが円滑に進み、
 物事の進むスピードも早い。

■しかし、
 共通言語を持つということは
 その背景にある価値観まで共有している
 ということであり、簡単なことではない。

■そのように考えると
 まずは「数字」という共通言語を持っておくと
 良いのではないか。
 

↑このページのトップヘ