中小企業の多くは

月次決算書を作成していない、

あるいは、

月次決算を行っていても

現金主義(実際に入出金があった時に記帳する方法)

で記帳されています。


税務申告目的ならそれでも良いのですが、

経営実態を月次で把握して、適切な意思決定を行うためには、

発生主義(入出金ではなく売上や費用が実際に発生した時に記帳する方法)

での月次決算がマストだと考えています。
 

年間の数値目標を立てて「本気で」その達成を考えているのなら、

月次ベースで経営実態を把握しなければ話になりません。


月次ベースで年間目標との乖離状況をモニタリングし、

打ち手を考える

というPDCAサイクルを回している企業はやっぱり強いです。


ちなみに上場会社は発生主義で月次決算を組んでいます。

(月次で予算と実績との乖離状況を
 モニタリングする仕組みが
 機能しているかというのが、
 上場時に審査されますので)


月次決算を発生主義でくむというのは

とても大変なことのように思いがちですが、

これは、

最初に仕組みを作っておくかどうかです。


何でもそうですが、

仕組み作りのところが一番しんどいものです。

ここを乗り越えれば、後は巡航速度で進んでいくわけです。


ちなみに、

記帳業務は税理士事務所などに外注するのではなく、

社内でやった方が良いです。

外注するとなかなかタイムリーな月次決算を行うことが出来ないから。

スピードも大事です。


このように書くと

そんなことやっている暇はない、

あるいは、

そんなに人を雇えないという声が聞こえてきそうですが、

最初の仕組み作りのところがちゃんとできれば、

ここもクリアできるはずです。

(経理人員が一人もいないなどのケースでは
 外注して社長は本業に専念した方が良いです)


ほとんどの中小企業が

自分の健康状態を正確に把握せずに

やみくもに1年間走り続けているのですから、

発生主義の月次決算を組んで

自分(企業自身)を見つめ直すだけでも

随分と状況が変わるのではないか。


そのように考えています。


(まとめ)

■ほとんどの中小企業の月次決算は
現金主義で作成されており、
残念ながら経営には役立たないものとなっている。

■自分の健康状態が分からない中で、
適切な打ち手が打てるのかというと、疑問。

■発生主義での月次決算は手間がかかる
と思われがちであるが、
最初の仕組み作りのところを乗り越えれば、案外簡単。

■本気で目標達成を考えている企業は、
発生主義での月次決算を行っており、
スピードも速い。