■本日は、会計でよく語られる

「継続企業の前提」

について考えてみたいと思います。


■継続企業の前提とは、

「企業が将来にわたって無期限に
 継続することを前提とする考え方」

のことを言います。

(以上、Wikipediaより引用)

会計基準は全て、
継続企業を前提として考えられています。

発生主義、取得原価主義、減価償却などなど

つまり、未来永劫、
企業が継続する、潰れないことを
前提としているわけです。


■ところで、本日は、

会計の世界における継続企業の前提
についてお伝えしたいのではなくて、


そもそも、企業を継続させる

すなわち、潰れないようにすること自体が、

簡単ではない

ということが言いたいのです。


■むしろ、

企業を継続させることに、
どれだけ経営者が頭を悩ませているか

という話です。

企業を継続させるということは、
雇用を生み、その社員の家族の生活を守り、
社会にも付加価値を与え続けている

ということ。

単純に素晴らしい。

そのように思うのです。


■最近は、ますます

会社の寿命が短くなっています。

昔は50年というようなことも言われていたそうですが、

昨今は10年なんてことも言われたりします。

IT業界などライフサイクルが極端に短い
ビジネスが多くなったことも一因でしょう。

ただし、今後は

この傾向がますます強くなっていくことは
ほぼほぼ間違いないと思います。


■そうだとすれば、

企業を継続させる、
 存続させることが、
  何よりも「重要」

そのように思うわけです。

これは、

会社に限ったことではなく、
個人でも同じではないでしょうか。

会社自体が10年も続かないならば、

終身雇用を前提とした生き方では、
あまりにも危険なように思われます。


■ということで、

会計の「継続企業の前提」の話から
だいぶと話がそれてしまいましたが、

私も含め、全ての法人・個人が

「存続すること」を

考え続けなければならない

そんな時代かもしれません。


(まとめ)
■会計は、企業が
未来永劫継続することを前提として
考えらえているが、
そもそも企業を存続させ続ける
こと自体が素晴らしいことである。

■企業を存続させるということは
社員の生活を守り、社会に付加価値を
与え続けているということ。

■会社の寿命が
どんどんと短くなりつつある昨今、
企業を存続させることの重要性が増しているし
個人も終身雇用を前提とした生き方では
不安な時代になってきているのではないか。