■行動する、ではなく、

 行動し続ける、ことで見えてくる世界がある。

 最近そんなことを考えています。

 多くの人は、
 行動してみることはあっても、

 それをなかなか継続することができない。


■かく言う私にも
 たくさんの苦い経験があります。

 例えば、英語。

 20代半ばで英語が必要なお客さまを担当することになり、
 思い立ってベルリッツに申し込んだことがあります。

 最初は、

 予習・復習もバッチリで
 まさに意気揚々という感じで勉強していたわけですが、

 最後は残念ながら行くことさえなくなりました。


■大金を叩いて申し込んだのだから、
 継続するだろうと高を括っていましたが、

 甘かった・・・

 その結果はご察しのとおりで、
 ビジネス英語はおろか日常会話さえ話せない状態です。


■というわけで、
 行動してみる(申し込む)のは意外と簡単。

 しかし、

 やり続けない(行動し続けない)から
 「もの」にならないわけです。

 誰もが理解している事でしょう。


■もちろん、
 限られた資源を使っているわけですから、

 「やり『続ける』だけの
  価値のあることか否か」

 という見極めは必要です。

 それから、

 「そもそも
  情熱を傾けられるものか」

 という観点からの検討も必要でしょう。


■しかし、

 ある程度まで継続しないと
 閾値(しきいち)を超えることはできません。

 やり続けないと大気圏を突破しない
 と言い替えても良いと思いますが、

 いずれにしても、

 継続しないと見えてこない世界というものがあります。


■私もメルマガや日々の振り返りを
 継続するようになったからこそ、

 今までにはない新たな世界が見え始めています。

 繰り返しになりますが、

 行動する、ではなく
 行動し続ける、

 ことに焦点を当ててみられることをお勧めいたします。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■ある程度まで継続して初めて閾値を超え
 新たな世界が見えてくるということがある。

■行動するのも大事であるが、
 行動し続ける方がもっと大事。

■行動する、ではなく、
 行動し続ける、ことができないから、
 新たな世界が見えてこない、
 という事実に気付くべき。