■先日は、


 パラダイム(≒思い込み)について

 私の思うところをお伝えいたしました。

 本日も続けます。


■今現在、

 思うような結果が出ていないのであれば、

 それは
 何らかのパラダイムに侵されている可能性が高く、

 パラダイムシフトを起こしていくために、
 敢えて怖いところや意味の分からないところに
 飛び込んで行く

 そのような気概(?)が必要ではないか

 というお話でした。


■バカみたいな話ですが、
 周りを観察していると、どうやら真実のようです。

 ただ、これって、

 頭で理解していても体が付いていかない類の話です。

 無意識的に避けているからかも知れません。


■根底にある考え方を変えるためには、

 一定程度の強制力が必要です。

 これでもか、これでもか、

 というくらいに反復しないと、

 すぐに元の状態に戻ってしまいます。

 それだけ日常の引力は強く、

 また、

 長年培ってきた自分自身の思考様式や思い込み

 というものは頑固なもの。


■だからこそ、

 結果を出すための考え方を
 反芻(はんすう)するための環境を用意しておく

 これが、

 必要不可欠ではないかと思うわけです。

 最初は居心地が悪いものですが、
 慣れてくればそれが当たり前になってきます。

 一方、

 ぬるま湯で慣れてしまっていると、
 そこから抜け出すことができなくなります。

 従って、

 「どこに身を置き、
  どの環境で慣れていくか」

 ということが極めて大事。

 頑固な思い込みにはカビキラー的環境が必要

 と改めて感じています。


■それから、

 今までの考え方や行動を変えていくためには、

 強制的に○○に取り組むということも効果的。

 でないと、必ず避けますからね。

 素直に従ってみるということの重要さも分かってきました。

 引き続き、

 思考OSのバージョンアップ、
 及び、マインドセットを整えることに取り組んで参ります。


(まとめ)
■パラダイムを変えていくためには、
 結果を出している集団が属する環境に
 身を置き続けるのが有効。

■最初は慣れないものであるが、
 慣れてくれば頑固な思い込みが少しづつ
 剥がれてくるようになる。

■それから、
 何かに強制的に取り組んでみる環境も大事。
 強制的でないと必ず避けてしまうから。
 まずは素直に従ってみよう。