■本日、お声がけ頂いた、


 とあるベンチャー企業の経営陣の方から
 (私にとって)嬉しいお言葉を頂戴しました。

 詳細は伏せますが、

 「経験の多寡ではなく、
  誠実性で判断している」

 とのお言葉。


■私自身は誠実でありたいと思っていますし、
 そのように接するように心掛けてはいますが、

 もともとが、

 できた人間、なんてことは全くありませんので、

 「誠実」ということに関して、

 意識的有能と無能の世界をいったりきたりしています。

 それでも、

 誠実という言葉を意識にのせて、
 日々過ごしていれば、多少なりとも

 自分が成りたい姿(⇒誠実な人間)に近付ける

 と考えています。


■実は、

 私自身も困っていることに関して
 どなたかに相談させて頂く際には、

 経験の多寡よりも、
 誠実性や本気度で判断させて頂くようにしています。

 この点に関しては、
 人それぞれご意見や程度の差はあろうかとは思いますが、

 「誠実性や本気度」

 が顧客の購買判断に占める割合は思っている以上に大きい

 というのが、私の感覚です。


■自分が商品を購入する側や
 サービスを受ける側に立てば分かります。

 特に無形のサービスを、
 提供するようなビジネスの場合には、

 成果が見えにくい分、
 (その分、波及効果も大きいのですが・・・)

 誠実性や本気度、
 といったところが拠り所になってくる

 そんな風にも思います。


■というわけで、

 私自身、誠実、かつ、ど真剣に
 目の前のことに取り組むように決意を新たにしました。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■購買判断において大切な要素が、
 相手側の誠実性や本気度である。

■購入サイドの立場を経験すれば分かるが、
 思っている以上にこれらの要素は大きいもの。

■誠実、かつ、ど真剣に取り組んでいきたい。