■先日、
 「ザ・ゴール」のコミック版を読みました。

 550ページもある本家の「ザ・ゴール」は
 もうかれこれ7~8年ほど本棚の定位置を占拠しており、

 その間、

 2~3回程度は読破を試みましたが、
 いずれも途中で挫折したように記憶しています。

 そもそも、

 本の内容が何も残っていないのですから、
 全く読んでいないに等しい、

 と言って良いでしょう(泣)


■ということで、今回、
 コミック版を読んだわけですが、

 7~8年越しに、ようやく概要を掴むことが出来ました。

 私のように、

 本家の「ザ・ゴール」を挫折された方には、
 このコミック版がお勧めです。

 ものの数時間で読了できます。


■さてさて、

 せっかくですから、
 コミック版の中で印象に残った個所に少し触れたいと思います。

 ザ・ゴールでは、
 全体最適のマネジメント理論をテーマの中心としていますが、

 全体最適をマネジメントするには

 ステップ1
 制約(ボトルネック)を見つける

 ステップ2
 制約をどう徹底活用するかを決める

 ステップ3
 他のすべてをステップ2の決定に従わせる

 ステップ4
 制約の能力を高める

 ステップ5
 ここまでのステップで制約が解消したらステップ1に戻る

 という5つのステップを
 繰り返し繰り返し行うことである

 と説明されています。


■ザ・ゴールでは、

 この全体最適のマネジメント理論を
 工場での生産にフォーカスして書かれていますが、

 これは工場生産だけではなく、
 企業全体、個人のビジネスやキャリア、

 はたまた人生を考える際にも使える考え方だと思います。


■いくら誰にも負けない強みがあっても、
 それを打ち消すくらいの制約(ボトルネック)があれば、

 それは解消しなければなりません。

 このことを
 本の中では鎖の強度を使って説明しています。

 つまり、

 鎖の中で最も弱い輪が鎖「全体」の強度を決めていて、
 他の輪がいくら頑丈でも鎖は引きちぎられてしまいます。

 全体最適のポイントはここにあります。


■自社(自分)のボトルネックはどこにあるか。

 これを深く考え、

 そして、解消できた暁には、
 急激な成長曲線を描くこともありうるのではないでしょうか。

 もちろん、

 ボトルネックの解消は永遠に続きますが。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■ザ・ゴールのコミック版はとても読みやすく
 全体最適のマネジメント理論の概略を掴むには最適。

■全体最適は
 制約(ボトルネック)にフォーカスして、
 5つのステップを繰り返すことで達成される
 と述べられている。

■これは(工場生産の話だけではなく)
 企業、個人、仕事、人生を問わず、
 必ず考えておくことが必要なものではないか。