■本日は、


 このメルマガのタイトルでもある

 「志」

 について一言。


■元々は、

 今から5年とか6年くらい前に、
 ソフトバンクの孫正義さんの株主総会ライブ動画を見ていて、

 「志高く」

 という言葉に出会い、
 心が震える体験をしてから強く意識し出したのが

 「志」

 という文字。


■ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
 孫さんは坂本龍馬が大好きであり、

 その志高い生き方に深い感銘を受けたそうで、
 辛い事や小さい事で悩んでいる時は、

 この「志高く」という
 言葉を思い出して自分を奮い立たせた、

 というお話であったと記憶しています。


■今回は、

 同じ監査法人ご出身で、
 現在複数のコミュニティで共に切磋琢磨させて頂いている

 吉本勇さん(公認会計士)から、

 教えて頂いた「志」の解釈について
 凄く感じるものがあったので、

 少し長いですが
 ぜひシェアさせて頂きたく思います。

(吉本さん、ありがとうございます!!)


 ----------------------------

 人の心は絶えず乱れるものですね。

 あっちへ行ったり、こっちへ行ったり
 絶えず揺れ動いています。

 その乱れる心の焦点をぴしーっと定める。

 それが志というものです。

 「志」という字を見てください。
 「十」を書いて「一」を書いて
 「心」と書くでしょう。

 「十ある心を一つに定めていく」

 のが志なんですね。

 常にチラチラと散らばっていく心を
 まとめて一本に絞り上げていく。

 それが志なんです。

 そして、

 心の焦点を一つに定める志を立てることを
 「立志」といいます。

 言い換えれば、
 立志とは人生に対する決意です。

 人生に対して、
 自分はこういう生き方をすると決意して、

 覚悟を決めていくことが立志なんです。

 これが人生の根本なんです。

 ----------------------------
【出典:藤尾秀昭著「小さな経営論」より】


■いかがでしょうか?

 素晴らしいですね。

 もう言うことありません。

 このメルマガタイトルである、
 「志」通信の名に恥じぬよう頑張るだけです。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
 乱れる心の焦点を一つに
 定める(絞り上げていく)ことを「志」という。
 そして志を立てることを「立志」と言い、
 これは人生に対する決意、覚悟なのである。