公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

2015年09月


■9月5日(土)に開催させて頂きました、

 稲盛和夫の実学に学ぶ
 経営における会計の要諦セミナー

 ですが、

 職業会計人の方、弁護士の方、
 東証一部上場企業の経理部マネージャーの方や
 金融機関にお勤めの方、メーカ勤務の方などにご参加下さいました。

 このダイジェスト版を
 急遽、9月26日(土)10時~12時 梅田駅付近で
 開催させて頂くことになりました。

 今回は、

 司法書士法人トリニティグループ大阪支店の統括をなされている
 新倉由大さんとのコラボセミナーとなります。

 題して、

 【企業を成長・発展させるための会計・法務の要諦セミナー(入門編)】

 ということで、二部構成で開催いたします。

 --------------------

 ▼日時
  9/26(土) 受付   9時45分
        セミナー 10時~12時

  第一部 法務の要諦 担当:新倉
  第二部 会計の要諦 担当:高橋

 ▼料金
  5,000円(税込)

 ▼場所
  梅田駅近辺

 ▼支払方法
  当日受付にてお支払い

 --------------------

 急なご案内ですが、ご興味があり、
 ご都合が付く方は、ご連絡頂ければ幸いです。


■なお、前回の会計の要諦セミナーのご感想の一部を
 以下、ご紹介させて頂きます。

 ▼某一部上場企業グループ
  経理マネージャー H.Mさま

(ここから)
 -----------------------

 高橋さま

 このたびはありがとうございました!

 稲盛会計、深いなあと思いました。

 会計って体重計みたいなものだと思います。

 目的と手段という意味では、

 経営を目的とする視点に立てば、
 会計は手段、たかが手段。

 でも、されど手段なんですよね。
 体重計がないとダイエットできない^ ^

 経営のための会計の実践、
 具体的な行動を主眼に今後とも精進していく所存です。

 末永くご指導ご鞭撻を賜わりますと、この上なく幸せです。

 -----------------------
 (ここまで)


 ▼某メーカー勤務 松本知佐子さま

(ここから)
 ----------------------------

 今日は、朝からフル活動です。

 午前中に公認会計士高橋正哉さんの
 「稲盛和夫に学ぶ経営における会計の要諦セミナー」

 事業を行う上で

 最低限の数字に対するマインドと
 無理だと諦めないで目標を目指す大切さを教えていただけました。

 公認会計士のお話って難しそうですが、
 高橋さんは、わかりやすく説明してくださって、

 本当にすごい!

 会計と経営は切っても切れない問題。

 私の未来には絶対必要なマインドなので、
 本当によかったです。

 ----------------------------
 (ここまで)

 ※FB上の投稿よりご本人様のご許可を得て転載


 ▼田中美保子さま

(ここから)
 ----------------------------

 全てが「なるほど!」とか「そうだったな~」と思わせられることばかりで、
 素直に財務の知識を学び始めた頃のことを思い出しました。

 「原理原則」とか「本質を見極めること」が大切である旨、教わったような気がしますが、
 いつの間にか、忘れていたことを思い出す、自分自身を振り返る、良い機会となりました。

 一言で言えば、面白かったし、楽しかったです。

 複雑なことは分かりませんが、本当に原理原則であるとか、
 特に印象に残った点は、値決めは経営の「商品の価値で売る」のくだり。

 最近、商品(自分自身)の価値提供について考えるようになったことから
 非常に興味深く、ためになりました。

 貴重なお話ありがとうございました。

 ----------------------------
 (ここまで)


 ▼弁護士 K、Sさま

(ここから)
 ----------------------------

 特に印象に残った点は、

 ・人に罪を作らせないのがダブルチェック
 ・利益よりも公正さを優先するという経営哲学
 ・会計はコックピットの計器盤
 ・均衡するギリギリの一点で注文をとる
 ・STRAC
 ・納税は本質的には社会貢献

 です。面白かったです!

 ----------------------------
 (ここまで)


■セミナ詳細は以下のとおりになります。

【日時】
 2015年9月26日(土)
  受付    9時45分
  セミナー 10時00分~12時00分

【場所】
 JR・地下鉄各線 梅田駅すぐ
 ※参加申込をされた方に別途詳細をお知らせいたします。

【費用】
 5,000円(当日受付にてお支払い下さいませ)

 ※セミナー後、近くのお店で希望者のみで懇親会(ランチ)を予定しております。
 ※下記のように2部構成を取っておりますが、
  どちらか一方のみの参加でも、費用全額をいただきますことご了承くださいませ。

【定員】
 10名

【セミナー概要】

 ▼第1部(司法書士・行政書士 新倉由大)

 年間100社以上の会社設立を行う実績を持つ
 会社設立専門家である司法書士・行政書士の新倉より、
 以前行った好評の内容で、事業を始めようとお考えの方に
 よく聞かれる会社と個人事業との違いを、
 実例を通してQ&A方式でお伝えします!

 ・資本金(設立の際に会社に入れるお金)は
  いくらあったらいいのか?
 ・役員って複数いないといけないのか?
 ・会社作るメリットって何なのか?
 ・そもそも会社って何? etc…

 上記の疑問をお持ちの事業を始めたいとお考えの方、
 士業で会社設立案件の具体的な対応方法等を知りたい方、
 クライアントに法人なりを進める際の提案力の向上を
 図りたいコンサルタントには必聴の内容です!

 ▼第2部(公認会計士 高橋正哉)

 京セラ創業者の稲盛和夫さんが塾長を務められる盛和塾で、
 「経営者向け」会計学講座などの運営も行う公認会計士の私(高橋正哉)が、
 経営者をサポートする立場にあるコンサルタント、士業、バックオフィス(特に経理)
 の方々が抑えておくべき会計の本質をご理解頂き、更なる付加価値の向上に務めて頂くため、
 「経営における会計の要諦」をお伝えいたします。

 具体的には、

 ○稲盛会計原則8か条である、
 ・原理原則に則って物事の本質を追求して、
  人間として何が正しいかで判断する
 ・キャッシュベースで経営する
 ・一対一の対応を貫く
 ・筋肉質の経営に徹する
 ・完璧主義を貫く
 ・ダブルチェックによって会社と人を守る
 ・採算の向上を支える
 ・透明な経営を行う

 のうち、一部について「生々しい実例」を交えながら、解説させて頂いたり、

 ○「高収益企業を作るために必要な会計上の考え方」
  についてそのエッセンスをお伝えできればと考えております。

 ※ご参加頂ける方は、このメルマガへの「返信」にて
  お名前と参加希望の旨をご連絡頂ければ幸いです。


 【講師の簡単な自己紹介】

 第1部担当 司法書士・行政書士 新倉由大

 ・司法書士法人トリニティグループ大阪支店 統括
 ・1985年 熊本県生まれ、大阪育ち。
 ・2012年 司法書士試験 合格
 ・2013年 司法書士登録
 ・2013年 司法書士法人トリニティグループ大阪支店立ち上げ
  同支店の統括として1年で売上を初月の10倍以上に上げる。
 ・司法書士として年間100件以上の会社設立の手続に携わる。

 第2部担当 公認会計士 高橋正哉

 1979 年生まれ、現在36歳。
 2003年の24歳の時に公認会計士試験に合格。
 大手監査法人や会計系のコンサルティング会社で
 10年弱サラリーマン生活を送った後、
 大阪で2013年に独立。

 現在は、東証一部上場会社などの社外役員を務めさせて頂くとともに、
 売上高1,000万円に満たないベンチャー企業から
 売上高1,000億円を超える企業の株式上場支援まで、
 志高い経営陣の方々の会計・財務面のサポートを行う。
 「稲盛和夫の実学」好きが高じて、盛和塾では稲盛会計哲学の普及に努めるため、
 運営スタッフの一員として日々積極的に活動中。

 【こんな方の参加をお待ちしております】

 ・業績を伸ばすための会計の考え方を
  専門家から聞きたいという起業家・起業志望の方
 ・ご自身のサービスの付加価値を高めたいと考える
  士業・コンサルタントの方
 ・企業法務等の経営者向けのサービスを展開されたい方 etc…

 以上、長文となり恐れ入りますが、
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


■企業を成長・発展させるための会計・法務の要諦セミナー■

【日時】
2015年10月24日(土)14時00分~17時00

【場所】
JR・地下鉄各線 梅田駅すぐ
※参加申込をされた方に別途詳細をお知らせいたします。

【費用】
・5,000円(当日受付にてお支払いください。)
※セミナー後、近くのお店で希望者のみで懇親会を予定しております。
※下記のように2部構成を取っておりますが、
 いずれか1部のみのご参加でも、費用全額をいただきますことご了承くださいませ。

【定員】
10名

【セミナー概要】
第1部(司法書士・行政書士 新倉由大)
年間100社以上の会社設立及び設立後の会社・法人法務サポートを行う
専門家である司法書士・行政書士の新倉より、
事業を始めようと考えている方やすでに事業をされている方に向けて、
事業を行う、会社を大きくする上で押さえておきたい
法律面の要諦をお伝えいたします。
・個人事業と会社との違い
・会社設立後に起こりうるリスクとは?
・契約書は必要なの?
・資本金を増やすには?
etc…
上記の疑問をお持ちの事業をされている方、起業したい方
士業で会社設立案件の具体的な対応方法等を知りたい方、
クライアントに法人なりを進める際の提案力の向上を
図りたいコンサルタントには必聴の内容です!

第2部(公認会計士 高橋正哉)
京セラ創業者の稲盛和夫さんが塾長を務められる盛和塾で
「経営者向け」会計学講座などの運営も行う
公認会計士の私(高橋正哉)が、
経営者をサポートする立場にある
コンサルタント、士業、バックオフィス(特に経理)
の方々が抑えておくべき会計の本質をご理解頂き、
更なる付加価値の向上に務めて頂くため、
「経営における会計の要諦」をお伝えいたします。

具体的には、
▼稲盛会計原則8か条である、
・原理原則に則って物事の本質を追求して、
 人間として何が正しいかで判断する
・キャッシュベースで経営する
・一対一の対応を貫く
・筋肉質の経営に徹する
・完璧主義を貫く
・ダブルチェックによって会社と人を守る
・採算の向上を支える
・透明な経営を行う
のうち、一部について「生々しい実例」を交えながら、
解説させて頂いたり、
▼「高収益企業を作るために必要な会計上の考え方」
についてそのエッセンスをお伝えできればと考えております。

☆会計の要諦セミナーのご感想集☆
http://cpa-tm.ldblog.jp/archives/1042309524.html


【講師の簡単な自己紹介】
第1部担当 司法書士・行政書士 新倉由大
・司法書士法人トリニティグループ大阪支店 統括
・1985年 熊本県生まれ、大阪育ち。
・2012年 司法書士試験 合格
・2013年 司法書士登録
・2013年 司法書士法人トリニティグループ大阪支店立ち上げ
同支店の統括として1年で売上を初月の10倍以上に上げる。
・司法書士として年間100件以上の会社設立をはじめとした
企業法務の手続に多く携わる。

第2部担当 公認会計士 高橋正哉
1979 年生まれ、現在36歳。
2003年の24歳の時に公認会計士試験に合格。
大手監査法人や会計系のコンサルティング会社で
10年弱サラリーマン生活を送った後、
大阪で2013年に独立。
現在は、東証一部上場会社などの社外役員を務めさせて頂くとともに、
売上高1,000万円に満たないベンチャー企業から
売上高1,000億円を超える企業の株式上場支援まで、
志高い経営陣の方々の会計・財務面のサポートを行う。
「稲盛和夫の実学」好きが高じて、
盛和塾では稲盛会計哲学の普及に努めるため、
運営スタッフの一員として日々積極的に活動中。

【こんな方の参加をお待ちしております】
・業績を伸ばすための会計や事業リスクを抑えた法務の考え方を
 専門家から聞きたいという起業家・起業志望の方
・ご自身のサービスの付加価値を高めたいと考える
 士業・コンサルタントの方
・企業法務等の経営者向けのサービスを展開されたい方
etc…

【参加申し込み方法】
このイベントページにて参加ボタンをクリックしていただくか、
またはメッセンジャーにてご連絡をしていただければと思います。

以上、長文の投稿にて恐れ入りますが、
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

↑このページのトップヘ