公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

カテゴリ: コミュニケーション


■一般的に、

 「言葉」というものは、
 人とのコミュニケーションツールである

 と考えられがちですが、

 決してそれだけではありません。


■むしろ、

 私にとっての言葉とは、
 人とのコミュニケーションツールというよりも、

 「自分とのコミュニケーションツール」

 としての役割の方が大きいと考えています。


■言葉が水先案内人の如く、
 自分自身をその方向に導き、

 そのうちに、
 発している言葉に自分が追いついてくる

 そのように考えるのが良さそうです。


■例えば、

 「最近どうですか?」

 と聞かれて、

 「ぼちぼちですわ~」

 と答えていたら、

 本当に「ぼちぼち」なところで止まる
 というのですから面白いものです。

 逆に、

 「絶好調です!!」

 と答え(続け)ている人は、
 自他ともに認める絶好調な状態に入っていきます。


■改めて、

 言葉の重要性について気付かせてくれたのが、
 本日の大きな学びの一つですが、

 ちなみに、

 ポジティブな言葉を
 自分の中で回し続けることには

 それなりの仕組みが必要。


■私であれば、

 このメールマガジンが
 言葉を回し続けるための仕組みの一つ。

 皆様とのコミュニケーションツールであると同時に
 自分とのコミュニケーションツールにもなっているわけです。


■最近、

 自分の中で回し続けている言葉が、

 「誰よりも早く挑戦し、
  失敗し、そして復活する」

 というもの。

 以前も少しご紹介しましたが、
 株式会社Gumiの行動指針です。

 このような
 自分の腹に落ちた言葉をどれだけ持てるか、

 それだけで未来が変わることは間違いありません。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■言葉は、
 自分とのコミュニケーションツールである
 という認識を持っているだろうか。

■言葉を水先案内人とし、
 発する言葉に自分を追随させることが
 自分を躾ける有効な方法である。

■そのためにも、
 言葉を回し続ける仕組みが必要。
 出来れば第三者に晒される環境は
 緊張感もあってなお良し。
 

■本日は、

7つの習慣で出てくる

「信頼残高」について

考えてみたいと思います。


■7つの習慣では、

継続的な預け入れによって、
高い信頼残高を維持しておくことが、

人との関係を円滑にするのに大事である

ということを述べていますが、

この信頼残高というものは、

「目に見えないもの」

であるため、

常に意識しておかないといけない。

そのように考えています。


■少々、

会計的な表現を使いますが、

信頼残高は、

借方残高(=資産)だけでなく、
貸方残高(=負債)にもなりうるもの

です。

少し油断したり、甘えがあると、

あっという間に信頼残高は
貸方残高(=負債)になってしまいます。

いわゆる、お世話になりっぱなし状態。

特に、私の場合、

家族に対しては、
知らず知らずのうちに、

信頼残高が貸方残高(=負債)になっている
ということがあるので、

気を付けなければなりません。


■また、信頼残高は

 金額では測定できない

ものです。

信頼残高が
金額で測定できるものであれば、

AさんのBさんに対する
信頼残高が借方残高の場合、

必ず、

BさんのAさんに対する
信頼残高は貸方残高になるはずです。


■しかし、

信頼残高は金額で測定できないので、

双方とも借方残高だと思っている
ケースなんていうのも十分ありうるわけです。

例えば、

自分は相手に与えているつもりでも、
相手からしたら迷惑ということも

ないわけでもありません。

それが、気持ちのすれ違いなどを
生じさせるようなことにもなります。

男女関係のように・・・


■つまるところ、

人間関係を良好に保つためには、

信頼残高を常に借方残高にしておくこと

これが大事なわけですが、

信頼残高は金額で測定できないのだから

自分が思っているよりも多くの預け入れを
継続的かつ圧倒的に行う

これくらいの気持ちを持っておく方が
良いのかもしれません。

私も高い信頼残高を維持できるように
引き続き精進して参りたいと思います。

今日はこの辺で。


(まとめ)
■信頼残高は、油断すると、
あっという間に貸方残高(負債)になるもの。
特に家族や近しい相手には注意。

■また、
信頼残高は金額で測定できないものなので、
双方とも借方残高であると認識しているような
ケースも十分考えられる。

■そのようなことを考えていくと、
継続的に預け入れを行う習慣は
もちろん重要であるが、
意図的に信頼を稼ぐ時期というのも
作った方が良いと思われる。


■最近、よく思うのですが、


共通言語を持つのは本当に大事だな

ということ。


■共通言語を持っていると、

コミュニケーションが円滑になりますし、

何より話が早い。

初めて会うような人でも、

いきなり深い話ができてしまいますし、

心から相槌を打てるような内容の会話が多い。


■ただし、

共通言語といっても、

単なる業界用語のようなものを指すのではなく、

その言語の奥底に潜んでいる

「共通の価値観」

といったものが、

存在することが極めて重要。


■例えば、

短期より長期
あり方が大事
ご縁が大切
場が大事
感謝、配慮、笑顔 など、

互いの土台が同じだと、

そこから繰り広げられる会話も、

非常に実りのあるものとなります。


■逆に、

共通言語や共通の価値観を持たない人たちが

集まると、

生産的な会話というのは期待できません。

そもそも、

向かっているベクトルが違うのですから、

話がかみ合うはずもないのです。


■全く異なる分野でも、

トッププレイヤーたちが、
心を通わすように対談しているのを、
雑誌やテレビで見ることがありますが、

これも

分野を超えた共通言語のようなものがあるから

ではないかと思います。


■そのように考えていくと、

たくさんの人が集まるような、
会社組織などにおいても、

どのような共通言語を持っているか

ということが、

極めて重要なってくるように思われます。

それが、

一つの生命体としての
組織力を底上げするのに不可欠

そんな風に思います。


(まとめ)
■共通言語を持っていると、
初めてお会いするようなケースでも、
非常に話が早いと感じることがある。

■共通言語と言っても
単なる業界用語のようなものではなく、
その奥底に潜んでいる共通の価値観が大事。

■一つの生命体としての組織力を
底上げするためには共通言語が
必須のように思われる。
 


■最近、

「聞く」ことの価値というものについて

改めて考えています。


■例えば、

何かを思考する時、
迷いがある時、
決断に迷っている時、

など、

一人で考えていると袋小路に入ってしまう

という経験は誰しもあるのではないかと思います。


■それが

どなたかに話す(聞いて頂く)ことによって、

思いもよらないアイデアや解決策が
自分の中から湧き出てくる

ということがあったりします。

具体的なアドバイスなどは
もらっていないにもかかわらず、です。


■そのカラクリを
論理的に説明することはできませんが、

一つは、

自分の中で滞留している思考を手放す

ことがポイントではないかと思います。

それにより、
新たな思考空間(余剰)が生まれ、

気付きの入り込む余地が作られる

ということではないでしょうか。


■この「手放す」という行為は、

一人でもできないわけではありませんが、

聞き手がいると、

随分と手放しやすくなるように思われます。


■私自身も、

聞いて頂くことにより、
問題が解決するということを

今までたくさん経験してきました。

従って、

「聞いて頂ける方」

というのは私にとって本当に貴重な存在。


■コミュニケーションを円滑にするには、

「聞き上手になること」

なんて言われたりもしますが、

話し手にとってのメリットを考えれば、

確かにそのとおりだと思います。

答えを教えてもらうよりも、

自分の中で気付く方が得るものは大きいですからね。


私も、聞き上手になれるように、

引き続き、精進して参りたいと思います。


(まとめ)
■何かに悩んでいる時などに、
誰かに話を聞いてもらうだけで
自分の中で解決してしまうということがある。

■これは
自分の中で滞留している思考を手放すことにより
新たな気付きを得るための思考スペースが
生まれるからではないか。

■そのように考えると、
聞き上手であることは、
具体的なアドバイスをするよりも、
より大きな価値を提供していると
解釈することもできる。
 

やることが多すぎて、

時間が足りないというような状況になることは、

誰しもが経験することのように思います。

(四六時中という方も多い
 かも知れませんが・・・)

そのような状況になると、

タスクを早く片付けてしまいたいという思いからか、

雑な対応や仕事になってしまうことがありますね。


しかし、

それを受け取る方は、

「忙しくて余裕がない」

ということを考慮してくれるとは限りません。

むしろ、

知る由もないといった方が良いでしょう。


そうであるならば、

やはり最後の「一手間」に手を抜いてはならないと思うのです。

最後の「一手間」を省略してしまうことにより、

相手に伝わる印象というのは

3割から5割減ぐらいになるのではないか

というのが個人的な感覚です。


特に、

注意しないといけないのがメールでのコミュニケーション。

顔(声)が見えない(聞こえない)ですからね。


私はビジネスメールの専門家でも何でもありませんので、

一素人の意見になりますが、

「感謝」や「配慮」の言葉がある、

また「用件」だけではなく、その「背景」の説明があるようなメールですと、

ガゼン(!)気持ちよく仕事できるものです。


例えば、

チームでの仕事などの場合に、、

最後の「一手間」を惜しんでしまう人がいると、

チームの生産性を大きく落とすといったケースがありますが、

意外とこれに気付いていない人が多いように思われます。

(私自身も日々反省しているところ)


だからこそ、

私自身も未熟ながら、

感謝や配慮、そして背景の説明といった

「一手間」を

加えようとなるべく意識しているわけです。


少なくとも「一手間」を惜しんで、

自身の評価を大きく落とすことは避けたいものですね。


(まとめ)
■忙しすぎる、時間が無さ過ぎる、
と感じることは、誰しもあるように思うが、
このような時はどうしても仕事や対応が雑になりがち。

■そうなると、
相手に与える印象はグッと下がるように思われる。
(個人的には3割から~5割減程度)

■特にメールでのコミュニケーションでは
相手の顔が見えないこともあり、
感謝や配慮、その背景の説明まで含め、
「一手間」を加えることが特に重要になってくるように思う。

↑このページのトップヘ