公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

カテゴリ: 自己啓発


■無意識の思考パターンは、

 強みにもなるし、弱みにもなる。

 最近、

 そのようなことを考えています。


■ストレングス・ファインダーでの私の才能は

 1、責任感
 2、共感性
 3、自我
 4、内省
 5、アレンジ

 の5つと出ています。

 これらは、

 無意識のうちに自分がとっている思考パターンであり、
 性格上の「クセ」と考えるのが適切です。


■ここで、

 敢えて「強み」などの表現ではなく
 性格上の「クセ」と書いたのは、

 ともすれば、
 この5つの無意識の思考パターンは、

 冒頭でも記載しましたとおり、

 「強み」にもなるし
 「弱み」にもなりうるから、であります。


■例えば、

 「責任感」という才能は
 一旦引き受けるとなればトコトンやろうとしますが、

 最後までやり切れない可能性がある場合には、
 保守的な意識決定(引き受けない)を行ってしまう

 といった特徴があるようです。


■一般的に

 責任感があるということは、とても良いことでしょう。

 しかし、捉えようによっては、

 前者の場合、
 やり過ぎて体を壊すリスクがありますし、

 後者の場合、
 過度に保守的になり、自分の枠に収まってしまう

 というデメリットがあります。

 また、

 部下や上司などが責任感のない仕事をしていると
 それを許せないという感情が強く出るようです。


■つまり、

 何を申し上げたいのかと言うと、

 自分の性格上の「クセ」は強みにも弱みにもなるので、

 これらの内容を

 「自覚」

 したうえで、
 自分の「クセ」と向き合いましょう、というお話。


■繰り返しになりますが、

 ポイントは「自覚」しているか?

 ということ。

 無意識的に行う思考パターンですから、
 変えようとしない方が得策であり、

 これは、
 私の経験からも断言できます。

 無理やり変えようとしたら、本当に苦しいですからね。


■そのうえで(自覚したうえで)

 自分の性格上のクセ(無意識の思考パターン)を
 強みに変えるためにはどうすれば良いのか、

 この問いを自分の中で
 持ち続けておくことが大切だと思います。

 もし、

 ストレングスファインダーをされていないのなら、
 一度、実施されてみて、

 ご自身の
 性格上の「クセ」を「自覚」されることをお勧めいたします。

 以上、

 アンソニーロビンズから直接指導を受けられている
 木村元子さんとのお話の中での学びでした。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■ストレングスファインダー
 で出てくる5つの才能というのは、
 強みにも弱みにもなるものと考えている。

■この5つは、
 無意識の思考パターンであるので、
 これを「自覚」していなければ、
 知らないうちに弱みになっていることがある。

■従って、
 まずは自分の無意識の思考パターンを知り、
 次にそれを「自覚」したうえで、
 じゃ~、これを強みとするにはどのような投資が必要か
 という問いを回し続けるのが良いであろう。
 

■本日でメルマガも250号まで来ました。

 昨年の9月からほぼ日刊で配信してきたわけですが、

 このメルマガを書くという行為が、

 モチベーションの維持に相当な効果を発揮している

 そんな風に思います。


■仕事が詰まっている時、
 家族旅行の時、
 それから、飲んで帰ってきた時、

 はたまた、
 年末年始、祝日、土日であっても関係なく、

 配信し続けていると、

 モチベーションを完全には切らすことなく、
 一定の巡航速度を保てている。

 そのように感じるわけです。


■人間ですから、
 調子の良い時、悪い時は必ずあります。

 調子の良い時は
 ほっておいても勝手に進んでいきますが、

 調子の悪い時に
 どれだけの巡航速度が保てるか。

 長い目で見ると、
 これが、じわりじわりと効いてくるように思います。


■例えば、

 長距離を走る(マラソンする)ようなケースを
 思い出してみましょう。

 体力的に限界まで来ており、
 今のペースをこれ以上、保てないとします。

 ここで、とりうる選択肢は2つ。

 腰を掛けて本格的に休憩するか、

 あるいは、

 ペースを落としても良いから走り続けるか


■皆さんも経験されたことがあると思いますが、
 一度でも本格的に休憩してしまうと、

 次に走り始める際に相当なエネルギーが必要となります。

 要するに、

 ペースを落としてでも良いから走り続ける方が、

 ゴールに到達するまでに
 消費するエネルギーの総量は小さく、

 そのうえ
 トータルで考えても早くゴールできるのではないか。

 そのように思うわけです。


■だからこそ、

 しんどい時(調子が悪い時に)に
 どれだけ巡航速度が保てるか、について、

 私自身、凄く気を遣っていますし、

 様々な仕組みや衆人環境を利用して
 ガチガチに包囲網を固めるようにしています。

 でなければ、
 休憩したい気持ちに負けてしまいます。

 凡人代表の私は少なくともそうです。

 モチベーションを完全に切らすことなく
 巡航速度を保てるよう、

 このメルマガも
 桁が変わるまで続けて参りたいと思います。


(まとめ)
■調子の悪い時にどれだけの巡航速度が保てるか
 これを意識しているのと、していないのとでは、
 長期スパンで見た場合の結果が大きく変わってくる。

■今のペースを保てなくなった場合には、
 本格的に休憩するのではなくペースを落とすのが肝要。

■なぜなら、次に走り始める際の、
 エネルギーは相当な量が必要になるためである。

■だからこそ、
 巡航速度を保つための仕組みや環境が重要であり、
 これを意図的に用意していかなければならない。


■先日、
 「ザ・ゴール」のコミック版を読みました。

 550ページもある本家の「ザ・ゴール」は
 もうかれこれ7~8年ほど本棚の定位置を占拠しており、

 その間、

 2~3回程度は読破を試みましたが、
 いずれも途中で挫折したように記憶しています。

 そもそも、

 本の内容が何も残っていないのですから、
 全く読んでいないに等しい、

 と言って良いでしょう(泣)


■ということで、今回、
 コミック版を読んだわけですが、

 7~8年越しに、ようやく概要を掴むことが出来ました。

 私のように、

 本家の「ザ・ゴール」を挫折された方には、
 このコミック版がお勧めです。

 ものの数時間で読了できます。


■さてさて、

 せっかくですから、
 コミック版の中で印象に残った個所に少し触れたいと思います。

 ザ・ゴールでは、
 全体最適のマネジメント理論をテーマの中心としていますが、

 全体最適をマネジメントするには

 ステップ1
 制約(ボトルネック)を見つける

 ステップ2
 制約をどう徹底活用するかを決める

 ステップ3
 他のすべてをステップ2の決定に従わせる

 ステップ4
 制約の能力を高める

 ステップ5
 ここまでのステップで制約が解消したらステップ1に戻る

 という5つのステップを
 繰り返し繰り返し行うことである

 と説明されています。


■ザ・ゴールでは、

 この全体最適のマネジメント理論を
 工場での生産にフォーカスして書かれていますが、

 これは工場生産だけではなく、
 企業全体、個人のビジネスやキャリア、

 はたまた人生を考える際にも使える考え方だと思います。


■いくら誰にも負けない強みがあっても、
 それを打ち消すくらいの制約(ボトルネック)があれば、

 それは解消しなければなりません。

 このことを
 本の中では鎖の強度を使って説明しています。

 つまり、

 鎖の中で最も弱い輪が鎖「全体」の強度を決めていて、
 他の輪がいくら頑丈でも鎖は引きちぎられてしまいます。

 全体最適のポイントはここにあります。


■自社(自分)のボトルネックはどこにあるか。

 これを深く考え、

 そして、解消できた暁には、
 急激な成長曲線を描くこともありうるのではないでしょうか。

 もちろん、

 ボトルネックの解消は永遠に続きますが。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■ザ・ゴールのコミック版はとても読みやすく
 全体最適のマネジメント理論の概略を掴むには最適。

■全体最適は
 制約(ボトルネック)にフォーカスして、
 5つのステップを繰り返すことで達成される
 と述べられている。

■これは(工場生産の話だけではなく)
 企業、個人、仕事、人生を問わず、
 必ず考えておくことが必要なものではないか。
 


■ランナーズハイ

 という言葉は皆さんも
 お聞きになったことがあると思います。

 //////////////////////

 ランナーズハイとは、
 マラソンなどで長期時間走り続けると、
 気分が高揚してくる作用を言います。

 //////////////////////
 (以上、Wikipediaより)


■マラソンは長らくしていませんが、
 小学校の時は長距離走が得意な子供でしたので、

 ランナーズハイについて、
 一応は体感しているつもりです。


■走り出しは、
 体も軽く足がどんどんと前に進む感覚がありますが、

 しばらくすると、
 呼吸が荒くなり、足取りも重くなっていきます。

 そして、この不快な状況を耐えに耐えて、

 これを無事乗り越えることが出来れば、
 気分も高揚し出し、なぜか足取りも軽くなってきます。


■私は「走る事」に関しては、
 全くのど素人ではありますが、

 「不快な状況を耐えに耐えれば」

 その先に「快」が待ち受けていることを
 (少ない経験の中でも)知っているので、

 この先、いつか走る事があったとしても、
 何とか頑張れるような、そんな気がするわけです。


■実は、

 この「不快」⇒「快」というプロセスを体感した経験がある

 というのがポイントであり

 これは、

 一種の「成功体験」のようなもの

 だと言えるのではないかと思います。


■何を申し上げたいかというと、

 ランナーズハイに類似した現象は
 他分野でも大いに起こっていると思うわけです。

 つまり、

 ビジネスでも勉強でも
 何でもそうだと思いますが、

 「不快」⇒「快」

 の均衡点というものが必ず存在するはずであり、

 その均衡点に近付けば近付くほど不快度は高まります。


■それに耐えきれずに、
 元の状態に戻ってしまい、

 今までの苦労が水の泡、

 なんてことは
 誰しも一度や二度、経験したことがあるでしょう。


■しかし、これって

 とてももったいないことです。

 不快から快への均衡点に近付くほど、
 不快度が高まるということを知っていれば、

 むしろ、

 「夜明けは近い」

 と考えて、

 不快を楽しむくらいでも良いわけですからね。


■というわけで、

 ぜひぜひ不快を楽しみましょう!

 (変態ではないですよ。^^;)


(まとめ)
■マラソンなどで走り続けていると
 苦しみから高揚感に変わるタイミング、
 いわゆるランナーズハイというものがある。

■ランナーズハイは、
 不快→快の均衡点を超えるということでもあるが、
 これは勉強やビジネスにおいても同じではないか。

■均衡点に近付けば近付くほど不快度MAXになる。
 ここで元に戻らないようにしなければならないし、
 むしろ、不快度の高まりは、
 喜ぶべき状況でもあると考えた方がよいであろう。 


■一般的に、

 「言葉」というものは、
 人とのコミュニケーションツールである

 と考えられがちですが、

 決してそれだけではありません。


■むしろ、

 私にとっての言葉とは、
 人とのコミュニケーションツールというよりも、

 「自分とのコミュニケーションツール」

 としての役割の方が大きいと考えています。


■言葉が水先案内人の如く、
 自分自身をその方向に導き、

 そのうちに、
 発している言葉に自分が追いついてくる

 そのように考えるのが良さそうです。


■例えば、

 「最近どうですか?」

 と聞かれて、

 「ぼちぼちですわ~」

 と答えていたら、

 本当に「ぼちぼち」なところで止まる
 というのですから面白いものです。

 逆に、

 「絶好調です!!」

 と答え(続け)ている人は、
 自他ともに認める絶好調な状態に入っていきます。


■改めて、

 言葉の重要性について気付かせてくれたのが、
 本日の大きな学びの一つですが、

 ちなみに、

 ポジティブな言葉を
 自分の中で回し続けることには

 それなりの仕組みが必要。


■私であれば、

 このメールマガジンが
 言葉を回し続けるための仕組みの一つ。

 皆様とのコミュニケーションツールであると同時に
 自分とのコミュニケーションツールにもなっているわけです。


■最近、

 自分の中で回し続けている言葉が、

 「誰よりも早く挑戦し、
  失敗し、そして復活する」

 というもの。

 以前も少しご紹介しましたが、
 株式会社Gumiの行動指針です。

 このような
 自分の腹に落ちた言葉をどれだけ持てるか、

 それだけで未来が変わることは間違いありません。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■言葉は、
 自分とのコミュニケーションツールである
 という認識を持っているだろうか。

■言葉を水先案内人とし、
 発する言葉に自分を追随させることが
 自分を躾ける有効な方法である。

■そのためにも、
 言葉を回し続ける仕組みが必要。
 出来れば第三者に晒される環境は
 緊張感もあってなお良し。
 


■先日、
 友人の伊尾木くんから面白い考え方を教えてもらいました。
 (伊尾木くん、ありがとうございます!)

 それは、

 一流のメンターとやり取りをする以上の効果が期待できる
 「ピア・メンタリング」という手法

 http://www.lifehacker.jp/2015/04/150429peer_mentoring.html

 お互いに共通のテーマを持った6~8人が集まり、
 定期的に2~3時間程の会合を開催し、

 その中で互いの関心ごとや相談ごとを共有し、
 全員で考えるというスタイルのようです。


■ここでは、これ以上、
 ピア・メンタリングに関する詳細は割愛しますが、

 私が属している「成れる会」の中でも、
 何となくこれに似たような現象が出てきているように思います。

 成れる会とは、半年間、週1回の頻度で、

 「マーケティングを題材にした『マインドセット』」

 と

 「具体的なマーケティング手法」

 に関する理論と実践を反復練習し、成りたい自分に成るというもの。

 詳しくはこちらも↓
 http://cpa-tm.ldblog.jp/archives/1026301475.html


■現在、10名が2期生という形でやっており、

 正直なところ、最初の1ヵ月くらいは
 何となく居心地の悪い空気が漂っていましたが、

 一緒にセミナーを開催したり、
 互いの成果を報告しあったり、
 ビジネス上のアドバイスをしあったり、
 悩みを共有したり、

 しているうちに、

 たしかに

(ピア・メンタリングの開発者である
 インクルージョン・ジャパン株式会社の吉沢さんが仰るように)

 ▼メンバー間の相互作用
 ▼互いの信頼
 ▼各人の開示度合い
 ▼安全地帯効果

 が拡大してきているように思います。

 これが思いのほか効果あり。


■メンターや先生、師匠といった存在は当然に必要です。

 ただし、それだけでは十分ではない。

 今まさに、

 現在進行形で変化している方々の活躍ぶりは
 自分の脳内を激しく揺さぶります。

 このライブ感が、
 メンターとは違った意味でのインパクトを与えるのでしょう。

 雲の上の存在ではないからこそ
 余計にそう思うのかも知れません。

 引き続き、
 より積極的なチャレンジが出来るような環境に整えていきたいと思います。


■ちなみに、

 同会主催のセミナーを
 以下の要領(来週日曜日)で開催いたします。

 日時:5月10日(日)
    セミナー 15時~17時(受付14時45分~)
    懇親会  18時~20時
 場所:コモンルーム中津 6F 会議室3
 費用:セミナー 3,000円(学生1,500円)
    懇親会  3,000円
 残席:5名

 今回、私は講師ではありませんが、魅力的な3人の方々が講師をされます。

 ご興味のある方はこちらから
 http://kokucheese.com/event/index/288324/

 ご質問やお申込みに関するお問い合わせは
 気軽にこのメールまで直接ご返信下さいませ。

 では、皆様良いGWを!


(まとめ)
■ピア・メンタリングという
 メンターなしでもビジネス上の効果が期待できる
 手法があるらしい。

■完全な対等の立場で互いの悩みを共有し、
 意見を言い合うことの効果は何となく実感している。

■当該考え方も念頭に入れて、
 今所属しているコミュニティも育てていきたい。
 


■こんばんは、高橋です。

 以前、

 ビジネスや人生を加速させるためには、
 正しい考え方を愚直なまでに反復(練習)することが大事

 すなわち、

 「ヘヴィーー♪ローーテーーション♪」が肝

 であるということをお伝えいたしました。

 http://cpa-tm.ldblog.jp/archives/1025862155.html


■最近、

 この「ヘヴィーローテーション」できる環境が
 ビジネスや人生を加速させるための必要条件

 だということを改めて感じています。

 先日、

 頑固な思い込みにはカビキラー的環境が必要
 http://cpa-tm.ldblog.jp/archives/1025863572.html

 でもお伝えしましたが、

 長年培ってきた自分自身の頑固な思い込みや思考様式
 というものはちょっとやそっとでは変えられません。

 この頑固な思い込みを取り去るためには、

 何度も、何度も、何度も

 何度も、何度も、何度も

 何度も、何度も、何度も

 正しい考え方を反復(練習)する環境が必要。


■この1年間、
 数百万円を自己投資してきて分かったことですが、

 圧倒的な成果を残されている方々が
 仰られていることは源流を辿れば概ね同じ、です。

 では、なぜそれを模倣できないのか?

 と言うと答えは簡単。

 「反復練習していないから」

 これに尽きるように思います。

 もっと言えば、

 「反復練習する環境を整えていないから」

 ということ。


■十数年前、

 会計士試験に合格するために
 教科書を擦り切れるぐらい反復して読みました。

 全ての欲を断って
 勉強に専念できる環境を整えました。

 もうこれ以上できない、
 というくらいまで自分なりに勉強しました。

 よくよく考えてみると、
 資格試験の勉強や大学受験のような場合にはここまでできるのですが、

 ことビジネスや人生という枠組みにおいては、

 「反復練習する」

 あるいは

 「反復練習する環境を整える」

 というところに想いを馳せることができません。


■それから、

 行動する、のではなく、
 行動し「続ける」ことに焦点をあてる
 http://cpa-tm.ldblog.jp/archives/1025862220.html

 において

 継続することの重要性についてお伝えいたしましたが、

 「継続するためにも
  環境が圧倒的に重要」

 であることを実感しています。

 自分の周りの方々が
 当たり前のようにやっていることは不思議とできるようになるもの

 このメルマガが継続できているのも
 私の周りで日刊メルマガ配信者が多いから、です。


■ところで話は変わりますが、

 私は今、

 ▼マーケティングを題材にしたマインドセット

 と

 ▼マーケティングの具体的な手法

 について

「成れる会 大阪」という環境で
 学びと実践の反復練習を行っています。

 具体的には、

 ▼自分のサービスの位置づけ

 ▼Nees商品とWants商品

 ▼リピート商品となるためには

 ▼魚をもらうべき時、釣り方を学ぶべき時

 ▼行動の順番

 ▼未来の選び方

 ▼恐怖と不安の乗り越え方

 ▼結果の差の原因

 ▼95:5

 ▼パラダイムシフト

 ▼社員から経営者へ

 ▼買う側から売る側へ

 ▼まわりは何も変わらないこと

 ▼ボトルネックについて

 ▼目標の認識

 ▼A点、B点

 ▼成長曲線と実力と心理の関係

 ▼マインドセットとノウハウの関係

 ▼Me目線とYou目線

 などなど。

 上記は概ねマインドセットにあたる部分(の一部)のみであり、

 「マーケティングの具体的な手法」

 についてはこれからというところですが、

 「高い頻度(週1回)での反復練習の効果」

 を日々実感しています。


■というわけで、

 この「成れる会」主催で
 5月10日(日)に第2回のマインドセットセミナーを

 以下の要領で開催します。

 日時:5月10日(日)
    セミナー 15時~17時(受付14時45分~)
    懇親会  18時~20時
 場所:コモンルーム中津 6F 会議室3
 費用:セミナー 3,000円(学生1,500円)
    懇親会  3,000円
 定員:20名

 今回、私は講師ではありませんが、魅力的な3人の方々が講師をされます。

 もし、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、
 このメールに直接ご返信下さいませ。

 別途、ご連絡させて頂きます。


■繰り返しになりますが、

 ビジネスや人生を加速させるためには、
 正しい考え方を愚直なまでに反復(練習)することが重要。

 そして、

 それを可能ならしめるのは、「強制力が働く環境」です。

 その一旦を垣間見ることができるのが、
 今回のマインドセットセミナー。

 日時:5月10日(日)
    セミナー 15時~17時(受付14時45分~)
    懇親会  18時~20時
 場所:コモンルーム中津 6F 会議室3
 費用:セミナー 3,000円(学生1,500円)
    懇親会  3,000円
 定員:20名

 お申し込みはこちらまで↓
 http://kokucheese.com/event/index/288324/

 ご質問はこのメールに直接ご返信下さいませ。

 ちなみに、
 第1回目のセミナーでは16名の方がご参加下さいました。

 今回も、

 「自分の未来を自分で決めたい人」

 のみお越し頂ければ幸いです。

 あなたのお越しを心よりお待ち申し上げております。 

↑このページのトップヘ