公認会計士高橋正哉の実践ブログ

企業のビジョン達成を社外CFOの立場から実現する一方で、独立会計士又は上場企業の社外役員として自らも経営の一旦を担う筆者が、会計・財務の専門分野に限らず、日々の活動から、企業経営や自己成長のヒントとなるような事項・想いを素直に、ありのままに、お伝えすることを目的として綴っているブログです。

カテゴリ: マーケティング


■独立してから特に

 コンサルティングを受けたり、
 無形のサービスを受けたり、

 ということが多くなってきました。

 そこで感じるのは、

 サービスを提供する側の覚悟や真剣度によって
 サービスを受ける側の満足度は大きく変わる

 ということ。

 一言で言えば、

 「逃げないか」

 ということかも知れません。


■このようなことを
 感じるようになってからは、

 より一層、

 自分がサービス提供サイドに立った場合の
 気持ちの入り具合に敏感になってきました。

 身の引き締まる思い、とは
 まさしくこのようなことを言うのでしょう。

 今もこのメルマガを書きながら、

 「書いたからには、
  ど真剣に取り組む」

 しかないという状況に自分を追い込んでいます。


■もちろん、
 知識や経験は大事ですし、

 ある一定ラインの成果を
 クライアント様に出して頂くだけの実力も必要です。

 しかし、

 それと顧客の満足度というのは、
 必ずしも紐づくものではないようにも思われます。


■人間は感情の生き物です。

 成果が出ていたとしても
 不快な感情を抱くような対応をしていれば顧客は遠のいていきます

 感情レベルでは不満を抱くことになるわけです。

 ここが難しいところです。


■私自身の個人的な見解ですが、

 お客さまは「こいつ逃げないか」
 ということを最終的に見ているように思います。

 ここには、

 もはや金額の多寡もあまり関係がなく
 単にコミットしているか、ということに尽きる

 そんな風に感じたりもします。


■全身全霊をかけて向き合う姿勢が
 顧客の満足度に大きな影響を与えて行動を促すことにも繋がります

 このような「正の循環」が回り始めることが理想。

 いつの時代も手抜きはだめです。

 本日は
 より自戒を込めて書かせて頂きました。


(まとめ)
■感情レベルで不満があれば、
 それは顧客満足を満たしたことにはならない。

■顧客は知識や経験よりも
 意外と相手の真剣度を見ていたりするもので、
 最終的に「こいつ逃げないか」ということが
 満足度と大きく関係してくるようにも思う。

■つまるところ、
 全身全霊をかけて相手の成果にコミットし、
 取り組む姿勢というものが最も大事なのではないか。
 


■本日の中村仁さんの
 セミナーに参加させて頂き

 最も印象に残ったのは、

 「社長の仕事はマーケティングである」

 というもの。

 この言葉は、

 ダイレクト・レスポンス・マーケティングで
 有名なダン・ケネディの言葉だそうです。


■私自身は
 社員の方を抱えているわけではありません。

 しかし、

 独立して事業を行っているという意味では、
 一応「社長」という立場ではあります。

 正直に申し上げますと、

 本格的に独立して3ヵ月は全く仕事がなく、
 キャッシュ・イン・フローがなくなるとは

 こんなに恐ろしいことなのか・・・

 と心の底から思ったものです。


■社長という立場を経験することによって、

 マーケティングの重要性

 というものを肌で感じるようになりました。

 だからこそ、
 私自身もそれなりの時間とお金を費やしているわけです。


■マーケティングや営業ということに関しては、

 今も現在進行形で試行錯誤していますし、
 今後も試行錯誤し続けることになると思います。

 それでも、

 「社長の仕事はマーケティングである」

 というところに立ち返れば、
 当然のことと考えることができます。


■また、

 自分自身が当事者の立場で
 マーケティングや営業というものをするようになって、

 お客さまの苦労を
 腹の底から理解できるようにもなりました。

 そういう意味では、
 もっと苦労しても良いのかなと思います。


■というわけで、

 一日どれだけ
 マーケティングに時間を割いているか?

 という質問を
 毎日、自分の中で回し続けて、

 あらかじめ、
 そのための時間を毎日天引きしておく

 というスタンスが良いかも知れませんね。

 むしろそうあるべきなのでしょう。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
 社長の仕事はマーケティングであり、
 それ以外にはない、
 と言っても過言ではないかも知れない。
 この言葉を回し続けることで、
 マーケティングに対する意識を変えていきたい。 


■本日、お声がけ頂いた、


 とあるベンチャー企業の経営陣の方から
 (私にとって)嬉しいお言葉を頂戴しました。

 詳細は伏せますが、

 「経験の多寡ではなく、
  誠実性で判断している」

 とのお言葉。


■私自身は誠実でありたいと思っていますし、
 そのように接するように心掛けてはいますが、

 もともとが、

 できた人間、なんてことは全くありませんので、

 「誠実」ということに関して、

 意識的有能と無能の世界をいったりきたりしています。

 それでも、

 誠実という言葉を意識にのせて、
 日々過ごしていれば、多少なりとも

 自分が成りたい姿(⇒誠実な人間)に近付ける

 と考えています。


■実は、

 私自身も困っていることに関して
 どなたかに相談させて頂く際には、

 経験の多寡よりも、
 誠実性や本気度で判断させて頂くようにしています。

 この点に関しては、
 人それぞれご意見や程度の差はあろうかとは思いますが、

 「誠実性や本気度」

 が顧客の購買判断に占める割合は思っている以上に大きい

 というのが、私の感覚です。


■自分が商品を購入する側や
 サービスを受ける側に立てば分かります。

 特に無形のサービスを、
 提供するようなビジネスの場合には、

 成果が見えにくい分、
 (その分、波及効果も大きいのですが・・・)

 誠実性や本気度、
 といったところが拠り所になってくる

 そんな風にも思います。


■というわけで、

 私自身、誠実、かつ、ど真剣に
 目の前のことに取り組むように決意を新たにしました。

 今日はこの辺で。


(まとめ)
■購買判断において大切な要素が、
 相手側の誠実性や本気度である。

■購入サイドの立場を経験すれば分かるが、
 思っている以上にこれらの要素は大きいもの。

■誠実、かつ、ど真剣に取り組んでいきたい。

↑このページのトップヘ